先生

高齢者は要注意

知らない内に骨折している

先生

圧迫骨折という言葉があります。外傷や背骨が弱ることで、背骨の一部が崩壊する症状です。特に骨粗鬆症になっているお年寄りは注意が必要で、年を取って腰が曲がった、腰痛が有る、背が縮むといった状態になる人は、圧迫骨折の可能性があります。一昔前は、年寄りになれば仕方がないとされた症状も、最近の研究で圧迫骨折のサインであることが判明しました。このいつの間にか骨折していると言う状態が、実は大変危険なのです。老齢による圧迫骨折は、更に負荷が掛ることで連鎖的な背骨の崩壊を招き、しまいには寝たきりになるというリスクがあります。年取って腰が曲がるという症状が認められた時は、医療機関で速やかに受診することをお勧めします。

健康な人でも起こりうる

老齢による骨の弱体化が圧迫骨折の主な原因とされていますが、若くて健康な人も、時に圧迫骨折が起こります。こちらは転倒や落下事故などで背骨を損傷するようなケースです。事故を起こした後、激しい腰痛が続くようであれば、圧迫骨折を疑うべきです。歩ける、動けるということであっても、無理をせず、できれば救急要請をするべきです。骨折をした場合には、それに負荷を掛けることは避けなくてはなりません。痛みがひどい場合には、病院でレントゲン撮影をしてもらいましょう。触診だけで終わらすことが無いよう、医師には痛みが激しいことを伝えるが先決です。というのも、この圧迫骨折は、目視や触診だけでは判断できない場合が多いからです。